スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

舞台『下谷万年町物語』

写真

先週渋谷のBunkamuraまで舞台を観に行ってきました。
唐十郎作、蜷川幸雄演出の『下谷万年町物語』です。
ライブや映画にはよく行きますが実は舞台は初めて。
そんな私がわざわざ東京まで観に行きたいと思ったのは
西島隆弘さんが出演されているからです。
映画『愛のむきだし』を観てから彼の魅力にどっぷりはまりましたが
この舞台のオファーも蜷川さんがこの映画を観て
彼の高い演技力を評価されたからなんです。

物語は唐さんが育った昭和23年の東京の下谷万年町が舞台になります。
オカマたちが住みつき電蓄から鳴るタンゴの曲でハエの飛び交う
なんともいかがわしくて汚らわしい町。
総勢50名もの汚いオカマたちが
宮沢りえさん、藤原竜也さん、西島隆弘さんの美しさを一層引き立てます。
ステージ前方には池が作られており
役者さん方がバシャバシャ飛び込むので
前方席はビニールシートとタオルが配布されます。
私が観劇した2公演共運良く前方席だったので思いっきり水被りました。
大掛かりなセットと大人数の役者が必要だったため
再演は不可能だと言われてきましたが
宮沢さん・藤原さん・西島さんの
素晴らしい役者が3人揃い実現されることになったそうです。
この舞台がリニューアル公演になるシアターコクーンを
思いっきり汚したいと蜷川さんはおっしゃっていました。

この舞台の内容はうまく説明できません。
何度も観劇した人でさえ理解できないぐらい難解。
蜷川さんも「頭を空っぽにして楽しんで」とおっしゃっていましたし
役者さん方も何度台本を読んでも難しいとおっしゃっていました。
それほど唐さんは他の誰もが入り込むことができない
独特な感性をお持ちなんでしょう。
非常にアングラな世界です。
私も理解しようなんて邪念は捨てて“感じる”ことに専念しました。

セリフ量の多さと早さ、迫力満点の演技、大掛かりなセット
そして理解不能な世界観に終始ポカーンとしっぱなし。
何度か観られている方はよく笑ってらっしゃいましたが
私にはそんな余裕すらなく
勢いに飲み込まれることしかできませんでした。
2公演目で少し内容が理解できるようになって
舞台全体や役者さん方の細かい表情まで観ることができましたが
目紛しい展開に3時間半があっと言う間に感じました。

宮沢さんは本当に艶やかで美しい…
舞台女優のイメージはあまりなかったのですが
大声を張り上げ、歌い、踊り、素肌を露にし
体を張った演技をされていて素晴らしかったです。
声が涸れ舞台の疲れか随分痩せられていましたが
そこがまた儚げで素敵でした。

藤原さんはさすがの存在感!
力強く通る声でテレビやスクリーンで観るよりはるかに魅力的で
舞台役者である事を見せつけられました。
客席まで出て来られるシーンがあるのですが
丁度私の真横で止まって演技された時は息が止まる思いでした。
彼の目と大量に流れる汗が今でも脳裏に焼き付いています。

そんなお二人にも負けない存在感だったのが西島さん!
ほぼ出ずっぱりの役だったのですが
コロコロと表情や声色を変え
くったくのない顔で笑う様は正に中学2年生。
完全に役が憑依していました。
私が彼にはまった大きな要因は表情の豊かさなんです。
時に初々しく、時に逞しく、壊れてしまいそうな繊細な時もあり…
言葉を発さなくとも表情だけで演技できてしまうほど
深い表情力を持っています。
これはファンの欲目ではなく
各方面でも彼の演技力は高く評価されています。
この舞台を機に大きく躍進することだと確信しています。
(NHKの平清盛にも後々出演しますよ。)

他の役者さん方も汚く淫らな恰好で
体を張った演技をされていて迫力ありました。
未だに余韻から抜け出せずにいます。
踏み込んだことのなかった舞台の世界でしたが
「何で今まで観て来なかったんだろう…」と少し後悔。
これからも機会を見つけて行きたいな~
やはり『生』の力は凄まじいです!

スポンサーサイト

17:08 | 映画・音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
『エピソード2以降』と『キツツキと雨』 | top | HIRAKATA DAY

comments

#
>perlinaちゃん
初舞台だったけどすごく楽しかったわ~
また今度ゆっくりお喋りしようね♪
Hinata-Boccoさん | 2012/02/17 11:29 | URL [編集] | page top↑
#
blogを読んでたら舞台が観たくなっちゃった
また聞かせてね~
perlinaさん | 2012/02/15 23:25 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://hinatagocco.blog41.fc2.com/tb.php/338-d409dde7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。