スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『エピソード2以降』と『キツツキと雨』

更新が遅くなってしまいましたが
2/12に星野源さんのライブ『エピソード2以降』に行ってきました。
チケット争奪激戦で全然取れなくって
でもどうしても行きたくって
初めてオークションに手を出してしまった待望のライブ。

インストアやイベントで生歌は聴いたことはありましたが
バンド編成は初めて。
弾き語りの素朴で優しい感じも好きですが
実力派のバンド陣を迎え
まるでオーケストラのように一気に広がりも深みも増し
耳や心への届き方が全然違いました。
全身を温かく包んでくれる布団みたいな感じ。
うっとり、ほっこり、じんわり…
生バンドいいな~~
会場の作りのせいか音の響き方がすごく良くて
ステージ側もすごく気持ち良かったそうです。
座ってゆっくり聴くライブもいいもんですね。

写真
記念に買ったツアーTシャツ。
星野さんのグッズはどれもオシャレなんですよね~



SAKEROCKライブでも感じましたが
星野さんは素晴らしいギタリストだと改めて感じさせられたライブでした。
テクニックのことは全然分かりませんが
人の心を優しくくすぐるニクイアレンジを入れてくるんですよね~巧いな~
それに加え本人は「もさもさしていて嫌いだった」と言う
“声”と言う他の誰にもマネできない最強の楽器の二重奏。
これがピッタリはまってるんですよね~

詩の世界観も好きです。
聴き手がこんなに感動しているのに
本人は「みんなどっか行っちゃえ~嫌いだ~」
なんてマイナスな気持ちで書いてる時も多いんだそう。
そういう感情を独特の感性で
フィクションに置き換えて曲作りするそうで
いい意味でひねくれていて面白いんです。
詩がちゃんと耳に届くように歌い方にもこだわっているそうです。

そんな暗い曲の多い星野さんが初めて明るい曲をリリース。
2/8に発売されたシングル『フィルム』が
メジャー陣に混じってチャート4位!
このCDが売れない時代に売上を上げるために
様々な手を使っているアーティストが多い中
(それが悪いことはないですが)
時代に流されず自分の信念を貫いて誠実に活動している人が
評価されることはすごく嬉しいし励みになります。
是非聴いてみて下さいね♪
カップリングも充実していて贅沢なシングルです。


写真2

その『フィルム』が主題歌の映画『キツツキと雨』も観てきました。
星野さん初の主題歌なんです。
要所要所に「くすっ」とくる笑いがあって
“間”にユーモアがたっぷり詰まっていてほっこりしました。
木こり役の役所さんがほんといい味出してるんですよね~
監督の人柄やセンスが感じられる映画でした。

小栗さんが映画監督の役をしているのですが
畑は違えども表現者として自分に重なる部分もあって
観終わった後は自然とモチベーションが上がっていました。
性格が被る父ちゃんは感情移入しすぎて辛かったそうですが(笑)

生みの苦しみから逃げ出したいことは多々あるけど
その過程があるからこそ出来た時の喜びや爽快感がたまらない。
表現することは単に“作る(創る)”ことではなく
自分自身と向き合う作業。
一番逃れることができない相手だからしんどいけれど
作品と共に成長できるから心強いし楽しい。



==============================

【こんな活動をしています】

◎紙モノデザイン室 namiki graphic

◎ハンドメイド雑貨 Hinata-Bocco

◎もうひとつの表現の場 kokoroto[心音]

==============================
スポンサーサイト

14:23 | 映画・音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
2+1=∞ | top | 舞台『下谷万年町物語』

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://hinatagocco.blog41.fc2.com/tb.php/339-debac4d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。